ホーム > お知らせ > はじめよう「アクアクララで備蓄水」

お知らせ

2015年11月30日

はじめよう「アクアクララで備蓄水」

災害時など、人間が生きていくために必要な飲料水の量は1人1日3リットルと言われています。
被災地での応急給水車の到着日数は、被災後2~3日目が比較的多く、この日数が目安となりそうです。
アクアクララのボトルは、1本12リットルのお水が入っており、これは4人家族1日分の備蓄水となります。

また、市販のペットボトルでお水を備蓄する場合、気をつけなくてはいけないのが、お水の期限管理です。置きっぱなしにしていると、気づいた時には「賞味期限が切れていた!」などの問題が発生することもあります。
アクアクララの賞味期限はボトルを未開封の状態で、製造日から6ヶ月間(180日)です。

「使用しながら備蓄する」お部屋の隅っこなど、空いたスペースを有効活用して、災害時の備蓄水をアクアクララではじませんか。

↓↓↓詳しくはPDFファイルをご覧下さい↓↓↓

はじめよう「アクアクララで備蓄水」[PDF:285.6KB]

アクアクララ66キャンペーン[PDF:516.3KB]

Get ADOBE READER(別ウインドウで開く)
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です(無償)。Adobe Readerをインストールすることで、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。ボタンからダウンロードしてください。
一覧へ戻る
  • 人とエネルギーの未来を創造する エネジンのLPガス
  • エネジンソーラー
  • エネジンアクア
  • エネジンハウス
  • 大好きな家だから、もっと快適に ecoリフォーム
  • エネジン空調システム
  • エネジン株式会社
  • 節電しながら災害時に備える エネジン蓄電池システム
ページの先頭へ